LCCが主流の一つに

海外や、国内でも遠い場所に旅行をするという場合、利用することが多いのが飛行機です。
かつて飛行機といえば、非常に高額な移動手段である、というのが多くの人にとってのイメージだったことでしょう。
ただ、最近ではこの風潮というのがかなり変化してきています。

飛行機が高額である、ということに対して一石を投じているのが、昨今多くなっているLCCと呼ばれる航空会社です。
LCCとはLow Cost Carriersの略称で、直訳するならば低額航空会社、ということになるでしょう。
国内にも数社のLCCが存在している他、アジアやヨーロッパなどにも多くのLCCが存在し、航空業界における主流の1つとなりつつあります。

しかし、やはり本来飛行機の運航というのはお金が掛かるものです。
これをローコストにしつつ収益を出そうということになれば、その分「割を食う」部分があるのは当然です。
例えば座席が通常よりも手狭になることや、キャビンアテンダントによるサービスなどがそれほど期待できないことなどをあげられるでしょう。
ともかく安ければ良い、というような姿勢であることが多いわけです。
国内便のように、短距離の移動のために利用するのであれば、機内食やドリンクサービスなどが発生することは基本的にはありません。
ただ、やはり国外便となると機内食が付くことになります。
ここでは、LCCの機内食がどんなものなのか?ということについて、紹介します。